1 令和7年度の愛知県弁護士会会長候補者として推薦を賜り、心よりお礼申し上げます。公正クラブから推薦をいただいたことの重みをしかと受け止め、誠心誠意会務に取り組む所存です。何卒ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます
2 私は、44期で平成4年に第一東京弁護士会に入会しました。その後、出身地である愛知県弁護士会(以下「愛弁」とします)への登録替をし、指導弁護士であった服部優先生のご紹介により中条忠直先生の事務所で勤務させていただくことになりました。各界からの信頼も厚い中条先生からは、事件の背後にある「人」の心にしっかり向き合うことの重要性や、人とのご縁を大事にしていく姿勢を教えていただきました。
3 愛弁に入会して間もなく広報委員会に入り、そこから私の会務活動が始まりました。限られた予算の中で、世の人々に弁護士会の活動を知ってもらい、また、身近な相談相手として弁護士を認識してもらう、一見簡単なようで、正解のない難しい課題にのめり込み、膨大な時間を広報委員会の活動に費やしてきました。
 時代とともに広報の手法は変わりますが、パブリシティ(無料でマスコミに取り上げてもらうこと)が重要なツールの一つであることは間違いありません。NHK等マスコミに定期的に愛弁会員が出演(or執筆)して、弁護士(会)をPRする機会の獲得に務めました。愛弁のHP改訂に取り組んだほか、先進的な広報活動を行っている他会との情報共有&意見交換を行う広報サミットを企画実現し今日まで続けています。
4 人権擁護委員会では、平成21年度当時、「人権救済申立事件」の滞留が、深刻な問題となっていました。この問題を解決するべく、事件の前さばきや管理を行う人権調査室の設置を会に承認してもらうことに、副会長として全力で取り組みました。無事承認され、今も調査室の先生方に尽力して頂いています。草の根の人権擁護活動に焦点をあてる愛弁人権賞にも長く関わり、日弁連の人権擁護委員会においては、令和4・5年度に副委員長として活動し、人権擁護活動の最前線の中に身を置きました。今年度は、半世紀ぶりに愛知県で人権擁護大会が開催されますが、実行委員会の広報部会長としてPR活動に励んでいます。ほか、会報編集委員会の委員長として、有益な情報を会員の皆様方にお伝えするべく、格闘しています。
5 平成24年から5年間は、名古屋大学法科大学院の実務家教員となり、ほかにも、各種団体の中でも活動して参りました。
6 様々な経験を通して、私は、弁護士が社会から信頼される原点は、やはり、弁護士の人権問題に対する深い見識にあると、確信しています。今、社会の中で、これまでになく「人権」に注目が集まっています。およそすべての弁護士会の活動は、突き詰めてみれば、人権擁護活動のため・社会正義の実現のためのものと言っても過言ではありません。より多くの先生方に、会務に参加していただき、弁護士会をより活性化して、その存在意義をより一層高めていきたいです。また、昨今の人権重視の流れの中で、会務としてのみならず、人権デューディリ等、業務としての人権擁護活動もあることに注目し、新しいスキーム作りに挑戦したいと考えています。また、ダイバーシティについては、企業等の取組の中に見習うべき点もあると感じています。
7 少子高齢化が進む中、弁護士会を発展させていくためには、志の高い優秀な方々に法曹を目指してもらうよう、様々な見地からの検討が必須です。愛弁に新規登録する修習生が減少している現実にも目を向ける必要があります。私は、愛弁が、地元の大学や法科大学院と、さらに広く深く関わり協力しあうような取組も必要であると感じています。弁護士の活躍に焦点をあてた広報活動にも取り組みたいです。
8 他にも、以下のことを含めいろいろ検討しています。
(1)会と会員との関係性について
 会員数が2000人を越え、また、コロナ禍を経て会員同士の繋がりが薄くなってきた今日、若手育成、不祥事防止対策、及び業務妨害対策等々のためにも、会が後見的に会員間の情報交換をサポートするシステムが必要です。評価の高いチューター制度についてはさらに拡充発展させたいです。支部の先生方のご意見が反映されるよう、また、新規入会者や一旦会務から離れざるをえなかった会員が委員会に参加しやすくなるよう、知恵を出し合っていきたいです。一部会員に負担が集中しないような工夫も必要です。
(2)会員の経営基盤の確保
 例えば、法テラスやLAC等の報酬の中には、業務量や精神的な負担に見合わないものが多くあります。やりがいの搾取にならないよう、会としてしっかり意見を表明するとともに、各方面と粘り強く交渉を続ける必要があります。
(3)憲法問題への対応、再審法改正、死刑制度の廃止、取り調べの可視化及び選択的夫婦別姓制度の導入、谷間世代の救済、多様性の尊重、貧困対策問題等、環境問題等について、積極的に取り組む所存です。また、人々に、弁護士を身近なアドバイザーとして認知してもらえるよう、愛弁の広報活動のために尽力するとともに、日弁連の広報改革にも取り組みたいです。
 どうか、先生方には、ご指導ご鞭撻を賜りたくお願い致します。

公正クラブ KouseiClub 公正クラブSince 1931 公正クラブ KouseiClub 公正クラブSince 1931

2024.2,22

若手会春の総会を開催しました。

2024.2.9

選挙総会を開催しました。

2024.1.29

女性の会を開催しました。

2024.1.15

新年会を開催しました。

2023.12.13

忘年総会を開催しました。

2023.12.13

選挙総会の案内を掲載しました。

2023.12.3

若手会のページを更新しました。

2023.11.14

若手会のページを更新しました。

2023.11.6

新年会を更新しました。

2023.11.2

女性の会を更新しました。

2023.9.6

本会行事の秋のゴルフコンペを更新しました。

2023.9.1

本会の家族会ページを更新

選挙日報を更新

2023.7.5

若手会ページを更新いたしました。

2023.7.4

本会行事及び若手会行事の日程を修正いたしました。

幹事会ページを更新いたしました。

2023.6.16

若手会夏の総会の会費に関する情報を更新しました。

2023.5.24

選挙関係のお知らせを更新しました。

2023.5.23

《公正クラブニュース 創立90周年記念号(第145号)》を発刊しました。

2023.4.30

2023年度家族会を更新しました。

出席欠席の回答はここからでもすることができます。☞クリック

2023.4.25

幹事長挨拶を更新いたしました。

2023.4.20

2023年度本会春の総会について更新いたしました。

2023.4.18

2023年度若手会夏の総会を更新しました。

詳細につきましては,該当ページを開いて友達登録お願いします。☞クリック

2023.4.12

幹事紹介一覧を更新しました。

2023.4.10

2023年度の春の総会を更新しました。

出席欠席の回答はここからでもすることができます。☞クリック

2023.4.9

2023年度若手幹事一覧,2023年度幹事会日程を更新しました。

2023.4.6

本年度の行事一覧を更新しました。

2023.1.1 

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 
これまでのお知らせ・履歴

周年行事
お知らせ


 開催予定イベント